ロゲインで生え際!薄毛にロゲイン効果!AGAで悩んでいる方へ

ロゲインで生え際!薄毛にロゲイン効果!AGAで悩んでいる方へ

嬉しいロゲインの効果について

脱毛症の種類は、いくつもあります。
脱毛症の中で、男性の患者数が多いのが男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は、現在ではAGAと呼ばれることが多いです。
一般的に、生え際が後退し、頭頂部が薄くなっていきます。
男性型脱毛症は、人によって脱毛症状のパターンが違います。
そのため、専門クリニックで治療を行う場合は、脱毛症状を慎重に調べてから、適切な治療を行います。
日本における男性型脱毛症の治療は、薬物治療が主流です。
現在、様々な製薬メーカーから男性型脱毛症の治療薬が販売されています。
ロゲインも、男性型脱毛症の治療薬です。
ロゲインは、厳しいチェックで知られているアメリカ食品医薬品局から認可されています。
ロゲインは、日本でも人気が高い治療薬ですが、女性は使うことができません。
18歳未満の男性も、ロゲインを使うことはできません。
ロゲインは、外用でのみ使うことができます。
効果については、個人差があり、早く効果が出る人がいる一方で、効果が出るのに時間がかかる人もいます。
ロゲインを使って、体に異常が出た場合は、すぐに使用を中止して病院で診察を受けた方が安心です。
ロゲインは、直射日光があたらない涼しい場所で保管する必要があります。

AGAによる薄毛のメカニズム

AGAは、男性型脱毛症と呼ばれる薄毛で、正常な人のヘアサイクルは、古い毛が脱毛した後に、新しい髪の毛が生まれ、その後成長期に入って、2〜6年かけて太く長く成長していきます。その後退行期、休止期を迎えて脱毛していきますが、AGAの人のヘアサイクルでは、成長期が極端に短く、数ヶ月〜1年で、すぐに退行期、休止期を迎えて脱毛してしまいます。
そのため、生まれた髪の毛が太く長く成長する前に、抜け落ちてしまうというメカニズムとなり、AGAの人の髪は柔らかく髪全体に弱々しい髪の毛が増えて、頭皮も透けてみえるようになります。
AGAの進行パターンは、人によってさまざまで、頭頂部がはげるタイプ、髪の生え際がはげるタイプ、前頭部がはげるタイプに分けられます。
日本人でもっとも多いのが、頭頂部からはげるタイプで、欧米人に比べて、髪の毛の生え際や前頭部は、それほど薄くなっていないのに、頭頂部が薄くなる人が多いのが特徴です。
この薄毛のタイプによって、使用する治療薬は異なりますから、一度クリニックへ行って自分がどのタイプに分類されるのかを調べるとよいでしょう。
また、薄毛の原因には、遺伝や男性ホルモンだけではなく、食生活や生活習慣も関係してきますから、生活習慣を見直すことも大切です。